ヒカゲノイノコヅチ

ヒユ科 イノコヅチ属
学名 : Achyranthes japonica 多年草
(日陰猪子槌) 別名/イノコヅチ
花 期  8〜9月
分 布 本州・四国・九州
生育地 山野の林内や竹藪など日当たりのあまり良くないところ
参考文献 : 山と渓谷社「山に咲く花」


2005.9.17 岡山県吉備中央町 2005.9.21 岡山県高梁市有漢町
花期には横向きに開く。 果期には下向きになり,軸にぴったりと付く。
H16.9.5 岡山県「自然保護センター」 H16.9.5 岡山県「自然保護センター」
高さは0.5m〜1mになる。 茎は四角形で,節がふくらむと言うことだが,この写真ではあまり確認できない。茎はかなり赤味を帯びおり,白い短毛がまばらに生えている。
H16.9.5 岡山県「自然保護センター」 H16.9.5 岡山県「自然保護センター」
葉は対生(たいせい)で,縁は全縁(ぜんえん)だがやや波打っている。 果実かと思っていたが,これは「つぼみ」だと思われる。果実になると花序の軸にぴったりと下向きにつく。


果実は,動物の体にくっついて分布を広げる。
04/09/09
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system