ヒルムシロ

ヒルムシロ科 ヒルムシロ属 
学名 : Potamogeton distinctus
( 蛭蓆 ) 別名/ ヒルナ ・ サジナ
花 期  6〜10月
分 布 日本全土
生育地 池や沼
参考文献 山と渓谷社「山に咲く花」
参考文献 山と渓谷社「野に咲く花」


H17.5.5 岡山県吉備高原
ため池に多数繁殖していた。ヒルムシロは,浮水葉と沈水葉をもつ。水面下には,披針形の沈水葉が見える。
H17.5.5 岡山県吉備高原 H17.5.5 岡山県吉備高原
水面から,花序が顔を出していた。まだつぼみか?花期が終わると花茎がたおれて,水中に沈むということ。 浮水葉は,小判のような形をしている。ヒルムシロの名は,この浮水葉を,「ヒル」の座る「むしろ」に例えたもの。
 


(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system