←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

ウリクサ

ゴマノハグサ科 ウリクサ属           1年草
学名 : Vandellia crustacea
( 瓜草 ) 別名/−−
花 期  8〜10月
分 布 日本全土
生育地 やや湿り気のある空き地・庭、畑
参考図書 山と渓谷社「野に咲く花」P140


2006.10.8 岡山県「自然保護センター」
茎や葉は地面にへばりつくように伸びる。”踏まれ”にはいかにも強そう。
2008.10.11 岡山県「21世紀の森」 2006.10.8 岡山県「自然保護センター」
唇形花(しんけいか)は、葉腋(ようえき)から伸び、立ち上がる。淡い紫色で、下唇は3裂し、中央の裂片に濃い紫色の班がある。
2006.10.8 岡山県「自然保護センター」
葉は対生(たいせい)。縁には粗い鋸歯(きょし)と毛がある。主脈の辺りが赤みを帯びることもある。
2006.10.8 岡山県「自然保護センター」 2006.10.8 岡山県「自然保護センター」
刮ハ(さくか)は、5裂した萼片(がくへん)に包み込まれて成熟する。萼片には稜が目立つ。
写真は、まだ花期後間もないのか、すっぽりと包まれてはいない。
裂開した刮ハ。小さな種子が見える。

● 備 考 ●
  1. 和名の由来
    刮ハ(さくか)の形が、ウリに似ることに由来すると言われる。
     
  2. よく似た唇形花をつける仲間
    ゴマノハグサ科は唇形花という独特な形の花をつける。ムラサキサギゴケ、トキワハゼは、ウリクサとよく似た形の花をつける。
ムラサキサギゴケ トキワハゼ
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system