ガガイモ科サクララン属サクララン,学名:Hoya carnosa,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

サクララン

ガガイモ科 サクララン属                      常緑多年草
学名 : Hoya carnosa
( 桜蘭 ) 別名/ ホヤ   
花 期 6〜10月
分 布 九州(南部),沖縄
生育地 暖帯から亜熱帯の海岸近くの林内
参考図書
(1) 畔上能力監修,山に咲く花,山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑2〉,1996年,P169

▲つる性の常緑多年草。茎は岩や樹幹をはい上る。上の写真は,ガジュマルにはい上っていた。
葉は革質で厚い。
▲主脈は裏面に隆起しているが,側脈はほとんど目立たない。
▲果実。濃紅色を帯びており,表面には星状毛がある。
2014.8.3 鹿児島県熊毛郡屋久町志戸子  
▲残念ながら花は見られなかった。
名の由来
「和名は花の感じを桜に,葉を蘭に見立てたもの。」(1)
岡山県情報
岡山県内には自生しない。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system