←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

シ ャ ガ

アヤメ科 アヤメ属                多年草
学名 : Iris japonica
( 射干 ) 別名/−−
花 期  4〜5月
分 布 本州・四国・九州
生育地 林内に群生する
参考図書 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花」P406


2007.5.6 岡山市御津町虎倉
直径4〜5pの花を茎の先端に咲かせるが、3倍体植物なので結実せず、根茎を伸ばして増えていくため群生する。花被片は6個あり、外花被片は黄色と紫の鮮やかな模様があり、縁は細かく切れ込む。内花被片は、中央にやや黄色が見えるがほぼ白色でやや小型。


シャガは漢字で「射干」と書くが、これは本来ヒオウギの中国名である。“射干→シャカン→シャガ”と勘違いしたことが命名の由来になっているらしい。
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system