←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

カキツバタ

アヤメ科 アヤメ属 
学名 : Iris laevigata
( 燕子花・杜若 ) 別名/ −−
花 期  5〜6月
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 水湿地
参考図書 山と渓谷社「野に咲く花」P404〜


2006.5.7 岡山県「自然保護センター」
花被片(かひへん)が6個。外花被片(かひへん)が大きく,内花被片が小さいのがアヤメ属(Iris属)の特徴。
カキツバタは,外花被片(かひへん)に白い斑紋があるのが特徴。アヤメでは、同じところに黄色地に紫の網目模様がある。また、アヤメが乾いた土地を好むのに対して、カキツバタは湿地を好むので、生育地からして異なる。
2006.5.7 岡山県「自然保護センター」
2007.5.12 岡山県「自然保護センター」


 
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system