アブラナ科 イヌナズナ属      2年草 
学名 : Draba nemorosa
( 犬薺 ) 別名/−−
花 期  3〜6月
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 草地や道ばた,田の畦など
参考図書 山と渓谷社「野に咲く花」P312


2006.4.24 岡山県吉備中央町豊岡
花弁4個が十字の形に開く「十字形花」は,アブラナ科の特徴。イヌナズナは黄色い十字形花をつける。花弁の先端がややくぼんでいる。
雄しべは6個あり,うち4個は長く,2個が短い。いわゆる4強雄しべは,アブラナ科の特徴。しかし上の写真では長さの違いはちょっと分かりにくい。
H16.4.11 岡山県加茂川町 2006.4.24 岡山県吉備中央町豊岡
葉には毛が密生している。
2006.4.24 岡山県吉備中央町豊岡
イヌナズナの角果は楕円形。



 
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system