もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

イヌガラシ

アブラナ科 イヌガラシ属               多年草
学名 : Rorippa indica
(犬芥子)  別名/−−
花 期  4〜9月
分 布 日本全土
生育地 道ばたや草地
参考図書 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花」P312


2005.10.10 岡山県「安富牧場」
アブラナ科の果実は,角果(かくか)と呼ばれる。アブラナやナズナのような扁平な果実を短角果(たんかくか),イヌガラシのような細長い角果を長角果(ちょうかくか)という。
イヌガラシや,スカシタゴボウはいずれも長角果だが,イヌナズナの長角果は細く,湾曲するのが特徴。
H16.5.1 岡山県加茂川町
花はアブラナ科の特徴である十字形花。花弁は4個で黄色。
2005.10.10 岡山県「安富牧場」
葉は羽状に裂け,変化に富む。同属のスカシタゴボウよりも裂け方が浅い。高さは20〜50p。
2005.10.10 岡山県「安富牧場」 2005.10.10 岡山県「安富牧場」
また,スカシタゴボウよりも基部の茎の抱き方が浅い。 茎は独特の赤緑色を帯びる。


● 備 考 ●

  1. ミチバタガラシ Rorippa dubiaは,イヌガラシよりもやや小型で,花弁がないのが特徴。

(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system