チョウ目(鱗翅目)シャクガ科アオシャク亜科クロモンアオシャク,学名:Comibaena delicatior,かのんの樹木図鑑>渓舟の昆虫図鑑
   ←検索サイトからこられた方は,ぜひホームへお越し下さい。

クロモンアオシャク

チョウ目 シャクガ科 アオシャク亜科
学名 : Comibaena delicatior (Warren)
発生時期
10 11 12
分  布 北海道・本州・四国・九州
食べ物 ブナ科(コナラクリなど),マメ科(ヤマハギなど)
参考文献
(1) 北隆館「原色昆虫大図鑑T(蝶・蛾篇)」P179
(2) 安田守著,『イモムシ ハンドブック』,文一総合出版,2010年
(3) 岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年


2007.7.4 岡山県吉備中央町吉川
岡山県内では全域に分布し個体数も多い。(「岡山県野生生物目録2003年度版」)
名前の“クロモン”は前後翅の紫褐色の横脈紋によるものと思われる。
2015.9.6 兵庫県豊岡市「神鍋高原」
2012.8.14 岡山県加賀郡吉備中央町
クロモンアオシャクの幼虫。背中の突起にハギの蕾や葉の一部を付着させて身を隠している。下の写真はそれらのものを取り除いた状態。指でつまめば比較的簡単に取れる。
岡山県情報
岡山県全域でみられる普通種。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


Copyright(C) 2003- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system